売りたいものの写真を送り見積もり査定をしてもらおう

着物の買い取り価格は見てみないと解りません

着物の買い取り価格はお店により金額に差があります。高価な着物の場合は証明書でもある証紙があるのとないのでは買い取り価格に差が出て来ますし、仮に証紙がある場合でも買い取り店が異なれば金額に差が出て来るのです。
着物買い取り店に電話などで着物の状態や作者の名前などを伝えたとしても、着物の価格は見てみないと解りませんと言われるケースが多いのですが、買い取り店を1店ずつ回るのでは労力も多くかかり現実的ではありませんよね。
最近は、着物の写真を撮影し、写真をお店に送付する事で査定見積もりを作ってくれる専門店が多くなっています。このようなサービスを利用すれば、手間としては写真の撮影とお店に写真を送るだけで済むため、高く買い取りしてくれるお店を見つける時に便利です。

証紙がある場合には証紙のコピーも送付

着物の価値を証明してくれるのが証紙です。
ブランド品などを購入するとギャランティーカードと言う品質保証書を受け取りますが、着物の証紙はギャランティーカードのような証明書になります。
高価な着物などの場合、証紙が付いてくるので大切に保管をする事が大切です。
写真をお店に送って査定見積もりを作成して貰う場合も、証紙の写しをお店に送れば査定時間の短縮にもなりますし、証紙がある事で査定額が高くなります。
着物の写真を撮影する場合には、着物全体、裏生地や汚れや傷などがある場合にはデメリットになる部分もしっかりと撮影を行い、お店に送るようにしましょう。最終的には着物を見て貰って買い取り価格が決まりますが、デメリットになる部分も最初に送付しておけば写真での査定額と実際の査定額の差を少なくする事が出来ます。