まずはある着物の状態を確認しよう

中古の着物は需要があるの?

着物を着る機会が少なく、まだ数回しか袖を通しただけでタンスにしまったままの着物はありませんか?
まだ着ることができる着物は捨てるのはもったいないことです。女性のお茶や日本舞踊などのお稽古事には着物の着用がかかせません。中古であっても着物の需要はあります。身近に着物を譲る方がいない時は、着物専門の買取業者に売るのも着物を活かす方法のひとつです。
着物には素材や格式など奥が深く、着物の価値を理解している知識が豊富な専門の業者に査定をしてもらいましょう。見積もりは無料で行っている業者もありますので、複数の業者へ見積もりを依頼するのも良い方法です。また、着物を購入する時は帯や羽織などを購入する方もいらっしゃいます。そういう和装小物の売却を検討する時は和装小物を取り扱う業者に査定を依頼することがポイントです。

中古の着物を高く売るために!

中古の着物を査定に出す前に、着物の状態をチェックしておくことが大事です。着物は未使用でも生地によっては劣化が進んでいる場合があります。数回しか着用していなくても、汗がシミになっていたりホコリや汚れがついている場合もあります。保管状況によってはカビが発生したり、色あせがでていることもあるのでタンスから出して、裾や縫い目なども丁寧にチェックしましょう。
また、着物には証明書ともいえる「証紙」があります。有名作家の作品や有名産地の「証紙」があれば高額での買取が期待できます。「証紙」は購入した時に付いてきますが捨ててしまうことが多いものです。手元に残っている場合は着物と一緒に査定に出しましょう。
汚れやシミがあっても業者によっては買取が可能な場合もあります。手持ちの着物の状態を査定を依頼する前に買取業者へ相談してみることが大切です。